スズメのおろおろ日記

<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

パク・ヨンハ

驚きました。
今月の始め、ロッテワールドの免税店でカキワリのパックンにお出迎えされたばかりなのに。

会ったこともないスターさんで、特別、ファンでもなかったけれど・・・
とても切なくて辛いです。

b0021682_2035429.jpg

[PR]

検索ワード

このブログは検索ワードに引っかかって、来られる方も大勢いらっしゃいます。

順当に、喜多桐スズメ検索で来る人が圧倒的に多いのですが・・・
b0021682_1213779.jpg


この5位にランクインされている「スズメの絶滅を救う方法」で、
このブログに訪れる方が何人もいらっしゃる事実に驚き!

世の中に、スズメの絶滅を心配して対策を知りたい人がそんなにいるんだ。
う〜ん。ほんと、人間って、色んな人がいるんだなあ、としみじみ思います。

1位の「onarapu」を検索して来た人も何を調べたかったのか、わからないです。
このブログのアドレスを決めるとき適当に「おならぷー」でいいや、って決めただけなのに。
1位だから結構な人数の方が「onarapu」を知りたがっているんですね。

驚くわ〜。
[PR]

大胆なデザイナー

本蕨ようかんを頂きました。
もちもち、ぷるるん、おいしかった。ごちそうさま。
b0021682_194365.jpg

お取り寄せできるかな、とパッケージをしげしげ見ると。
b0021682_124132.jpg

何?このは?

謎のは・・・
b0021682_175130.jpg

プレーンの省略か・・・。略しすぎと思いますけど・・。

このパッケージデザイナーさん、えらい思い切りのある人やな。

なんか、感動した。
[PR]

しまむラー

その昔、郊外に住む人でおしゃれな人を見かけたら
ファッションセンター「しまむら」で買い物をする「しまむラー」だと聞いて
繊研新聞のコラムに書いたことがある(ネタ提供・おにゃんさん)

いつの間にか「しまむら」は都心に進出して、都会のおしゃれな人たちが
「しまラー」と呼び名も短く、アカ抜けさせてしまった。
我が家からも電車で数駅のところに「しまむら」ができた。

先日「しまむら」で買い物中、年配のおじさんが「しまむら」の店員さんをつかまえ
「北海道の身内に送るから、5000円位の長袖のブラウスを見繕ってくれ」と、頼んでいた。

店員さんは一生懸命「こちらは如何ですか?」「これなど、どうでしょうか?」と
おじさんに商品を見せるが、高くて1980円程度の商品ばかりだ。

b0021682_21394670.jpg

「しまむら」で一着5000円のブラウスを見つけるのは至難の業だよ。
ようやく「こちらで如何でしょうか?」とおろおろする店員さんにOKを出したおじさん。
「んん、しょうがないな、これぐらいだったらいいか・・・」と。

おじさんが、いくらのブラウスをお買い上げになったのかはわかりません。
同じ時間に店内の別の場所で、TVコマーシャルの撮影をやっていたのですが
このやりとりをコマーシャルにしたほうが面白いのではないかと、思う私でした。
[PR]

父の日

昨日、誕生日のパパはお泊まりで留守。
本日は父の日。お祝いをしなくちゃ、とケーキを作りました。

デコレーションは息子。
b0021682_14134685.jpg


父・・・か。
チョコレート書道は、難しいね。
[PR]

つかぬこと

仕事の打ち合わせを終えて、地下鉄に乗ろうと駅の階段を下りたところで
男性に声をかけられた。道でも聞かれるのかな?と思ったら・・・
b0021682_1742688.jpg

「今日は水曜日です」と教えてあげたところ、
ああ、っと納得し、男性は明るい表情でお礼を言って立ち去った。

なんだったんだろ?

帰ってこの話を夫にすると・・・

タイムマシーンの開発に成功した人なんじゃないか、と。

そうかも、昨日から来た人かも。試運転を、したんだな、きっと。
でも、なぜ、わざわざ池尻大橋の駅を目的地にしたのかは、謎だわ。
[PR]

正直に申告するの?

韓国へ行って来ました。
飛行機の中で渡される、税関への申告事項。
b0021682_2325649.jpg

麻薬とかワニとかコブラとか、そんなモノを機内に持ち込む人が正直にyesチェックするんでしょうか!

あまり意味のない申告書のような気がしてなりません。
[PR]

楽しみにしていた茗荷が・・・

先月、お隣さんが引っ越した。
引っ越しの際、お庭に自生する数々の植物を託された。

ニラ、ネギ、三つ葉、トマト、紫蘇、茗荷・・・。

中でも茗荷は8月の終戦記念日の頃に収穫出来ると
教えてもらったばかりで、とても楽しみにしていたのに!
b0021682_11554664.jpg

植木屋さんが来て更地にしてしまったぁあああああ〜。

でも、ネギとニラはうちの庭に移植してくれました。
植木屋のおじさん、自称農家。仕事がプロ。
b0021682_1158773.jpg


ああ、でも紫蘇と茗荷は惜しい。
更地にした後に除草剤を蒔いていったし、おやじ・・・。とほほ。しばらく、何も生えないね・・。
[PR]

無農薬ブロッコリー山ほど

2008年にアップルコンピューターを退職して農業を始めた石毛恵美さんより、大量のブロッコリが届きました。
b0021682_10282972.jpg

わぁ〜、美味しそう。ブロッコリは家族全員大好き。
とりあえず、茹でてマヨネーズでもりもり食べるか。

メニューに困ったらこの本がある。
b0021682_10483053.jpg

野菜だけ? 大谷ゆみこ・著/メタブレーン

この野菜だけ?に紹介されているレシピで作る野菜料理は本当に美味しいのです。

牛乳もチーズも使わずピザを作ったり、大根をステーキにしちゃったり、
野菜だけでこんなこと出来るの〜、こんなの初めて〜、と、
目からうろこが落ちる料理本です。

ベジタリアンでない方も野菜だけ?は、薬箱と同じように一家に一冊、
常備しておくといいでしょう。

石毛恵美さんの無農薬野菜と本ももよろしく。
[PR]